しんとうの感想

徒然なるままに四方山話

このマンガがすごい!2024


f:id:shintoustudio:20231212194312j:image

オトコ編1位は「ダイヤモンドの功罪」

 

「オレは野球だったんだ!」
運動の才に恵まれた綾瀬川次郎は何をしても孤高の存在
自分のせいで負ける人がいる、自分のせいで夢をあきらめる人がいる
その孤独に悩む中、“楽しい”がモットーの弱小・少年野球チーム「バンビーズ」を見つける
みんなで楽しく、野球を謳歌する綾瀬川だったが…
という、あらすじ

 

主人公は恵まれた体格と抜群の運動神経を誇る綾瀬川次郎
努力を否定している内容では無いのですが
天才があっさり凡人を追い抜いていく様は残酷に見えたりします
ところが「楽しい」を何より優先する主人公
優しい性格ゆえに悩んでしまう
そして周りの人達の思惑
心理描写が秀逸です


勝利至上主義へのアンチテーゼのようにも感じます

 

現実世界に大谷翔平選手が存在しているので
試合の勝ち負けがテーマになる野球マンガは読む気が起きなくなっている中で
この作品のテーマはとても面白いです

 

マンガの中に大谷選手みたいな
二刀流で
WBC胴上げ投手で
アメリカンリーグ ホームラン王で
WBCアメリカンリーグもMVP
なんてキャラクターが出てきたら
作者の手抜きを疑うレベルです(笑)

 

世はまさに野球漫画冬の時代です

大谷翔平の功罪」って感じですね