しんとうの感想

徒然なるままに四方山話

日本人女性カップル、カナダ政府が難民認定

同性カップルの日本人女性が昨年秋カナダで難民認定を受けたそうです

女性であり同性愛者であることで日本国内で迫害されたこと日本では法整備がなされておらずその複合差別から逃れられないことなどをカナダ政府の移民難民委員会が認めたそうです

難民と認められたのは50代と30代の女性

日本で生まれ育ち職場や家族内で差別を受け続けたため

2人で2021年にカナダに渡航

日本で受けた差別や日本の法整備の現状などを記した200ページ超の資料を提出し面接や公聴会を経て2023年9月に難民と認められたそうです

難民決定通知書では2人が受けた差別に加え国連女性差別撤廃委員会の日本への所見なども踏まえ「差別が日本全体にある」などとして女性や性的少数者の人権が十分に守られない日本の状況を判断理由としたそうです

 

日本において同性愛者に対して差別があることは否定しません

私自身は同性愛もロリコンもSMも「性癖」という言葉でひとまとめに考えています

これらの「性癖」に嫌悪感を抱くこともあると思いますが

「迫害」という言葉はかなり強い言葉です

 

これで当事者の二人が幸せに暮らせるのならば良いことだと思います

記事には二人が婚姻関係にあるかどうかは書いていませんでしたが

生涯添い遂げて欲しいものです

これだけ大騒ぎして「性格の不一致」とかいう理由で別れたとしたら

関係者一同、馬鹿丸出しですわ